ドロップシッピングとは?

ドロップシッピング (drop shipping)とは、ネットショップの形態の一つです。在庫を持たずに、ネットショップを運営することができます。

ネットショップを運営する側を販売者(セラー)と言い、商品を供給する側を商品供給者(サプライヤー)と言います。

販売者は商品を売るだけで、商品の発送や代金の回収などは、全て商品供給者が行なってくれます。顧客への対応も行なってくれるドロップシッピングもあります。

アフィリエイトと似た仕組みですが、アフィリエイトが商品の「紹介」であるのに対し、ドロップシッピングは「販売」になります。

またドロップシッピングでは、商品の販売価格を、自由に設定できることが特徴です。

あなたが決めた販売価格から、商品供給者があらかじめ設定している卸価格を差し引いた金額が、あなたの利益になります。

販売価格 − 卸価格 = 利益

販売価格を自由に決められるということは、利益を調整することができるということです。その点がアフィリエイトより儲けやすいと言われている理由です。

販売価格を安く設定することもできるので、他のWebサイトと差別化したり、バーゲン特集のようなWebサイトを作ることも簡単です。

もちろん販売価格を高くすることも可能です。

販売者は、ドロップシッピングを使うことで、商品の販売だけに集中することができます。

あなたのWebサイトや、ブログ、メールマガジンに、ドロップシッピングの商品リンクを貼り付けるだけで、すぐに販売が可能になります。

ドロップシッピングを提供している会社はたくさんあります。初心者は以下のような点でサービスを選ぶと良いでしょう。

・月額固定費用が無料
・販売主体がDSである
・商品数が豊富
・商品リンクの作成が簡単
・Webサイトやブログが簡単に作れる

*月額固定費用以外に、システム利用料があります。

システム利用料は、売上の数%だったり、卸価格に含まれることが多いです。商品が売れなければ、1円もかからないサービスを選べば大丈夫です。

特に販売主体がDS側なら、顧客サポートや返品対応などを、全て行なってくれるので楽です。ドロップシッピングに慣れるまでは、販売主体がDSのサービスを利用したほうが安心です。

私のおすすめは、「もしもドロップシッピング」と「Seesaaドロップシッピング」です。


■もしもドロップシッピング
もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業 副業にも



もしもドロップシッピングは、無料で会員登録すると、2万8,000点以上(2008年11月現在)の商品を販売できるようになります。

もしもドロップシッピングの特徴は、『超できすぎくん』や『できすぎくん』というシステムがあることです。

これらのシステムを使うと、ショッピングサイトが、最短3分で完成します。
↓『超できすぎくん』で作ったネットショップです。
いいなネット

キャッチコピーや商品説明文はあらかじめ用意されていて、そのまま使うこともできるし、独自に編集することもできます。

また、ページのレイアウトを設定したり、いくつか用意された商品画像から選択することも簡単です。

もしもドロップシッピングは、初心者向けのマニュアルが充実しているので、次にどんな行動をすれば、売上につながるのか、理解することができます。


■Seesaaドロップシッピング
Seesaaドロップシッピング 参加者募集中
Seesaaドロップシッピング

SeesaaDSは、、無料で会員登録すると、35万5,000点以上(2008年11月現在)の商品を販売できるようになります。

しかも登録が簡単で、メールアドレスとパスワード、最低限の情報を入力するだけです。初期審査も行いませんので、すぐに商品を販売できます。

*利用規約に違反している場合は、メールで注意が来るようです。

Seesaaドロップシッピングの特徴は、『直接販売機能』があることです。直接販売機能を使えば、リアルの店頭での受注や、オークションでの販売も可能です。

*ただしオークションサイトの利用規約に基づく

また、Seesaaブログが用意されているので、商品を販売する方法で困ることはありません。






ドロップシッピング初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。